ベトナム風お好み焼き・バインセオ名店に訪問

有名な店らしく、外国人が多数訪れていました。
大きさで映えを狙いに行くスタイルのようです。

中はぐちゃっとしており、好き嫌いあると思いますが
個人的には口にあいませんでした。

あまりココで辛口コメントはしないのですが、今回正直に書きましょう…


■脂っこい
■中の具のまとまりがなく、具サイズも大きいので具をばらばらに食べている感じ
■薄味
■ぐちゃっとしている

再訪は無いでしょう。おごってくれる言われても行きません。

フーンライというベトナム料理の名店では美味しいと連呼頂いていたお取引先様も、ここではだんまりでした。
おつまみで出たサイドメニューの、ソフトシェル(かに)の唐揚げだけ美味しい頂きました。
これは美味しかったです笑

やはり有名なだけではだめ、日本人の友人の信頼できる口コミのみ信じようと思った日でした。

船上ディナークルーズ!

ベトナム・ホーチミン(サイゴン)市内には、サイゴン川という大きな川があります。
先日、弊社お取引先様がいらっしゃり、サイゴン川で船上ディナークルーズを楽しみました。

お金を使う先をよく考えられれば、コスパ抜群で素晴らしい経験ができるのが
ベトナムの魅力の1つです。

ベトナムの寿司 現状

なんの特徴もない貝と身焼けしたマグロ以外は、全てサーモンです。
カルフォルニアロールを寿司と言って出せと言われる寿司職人のモチベーションが心配です。
外国で暮せば暮らすほど、日本の「当たり前状態の完成度」の素晴らしさに気づきます。

イオンモールの賑わい(成功例)

ベトナム・ホーチミンのイオンモールが大成功中です。
平日/土日関係なく、毎日がお祭り状態です。

いいこと:ベトナムの熱気を感じられる
わるいこと:フードコートのごちゃごちゃ系が苦手な人は一瞬で退出

日系企業・BtoCサービスの成功例に共通している事は
・日本感のゴリ押しがない
・現地人責任者のモチベーションを引き出せている
の2つが大きいかなと思います。

ベトナムの水道水について

ベトナムの水道水の正しい知識について周知したいと思います。

塩素濃度:日本の10倍以上
50年以上前に敷設され老朽化した鉛水道管 =サビ・重金属・鉛汚染がひどいです。

一言で言えばベトナムの水道水は汚染毒水です。
一方のベトナム人は、煮沸すればなんとかなると思っている人も多いです。
雑菌は消えますが重金属やサビはそのまま、塩素→発がん性物質のトリハロメタンになり毒性が何十倍にもなります。
ベトナムは癌患者が多いのにも納得です。

私の家には、ホーチミンの飲食店の多くでも採用されている
タブチベトナムが販売する浄水器を付けており、先日中のフィルターを交換しました。

微グロですので食事中の方や苦手な方は気をつけて下さい。
左:新品 右:使用していたもの

大半は鉛やサビだそうです。
2万ドンや3万ドン(100円や150円)の屋台は言わずもがな、
レストランクラスでも大半は水道水・直でしょう。
バインミーやフォー等含むローカルフード全て、この汚染毒水を原料にして作られています。
ローカル食を食べる=寿命を縮めている行為です。

東南アジアは生活費が安いと言いますが、現実は安ければ安いなりの、品質・安全性なのです。
安かろう悪かろうという言葉があります。
癌になってからでは遅いので、自分の身は自分で守る事をおすすめします。

会社誕生日会!

弊社は2014年7月にベトナム事務所を設立し、今年で5年目になります。
誕生日会を開催しました!

至高の天丼をベトナムで喰らう

住めば都と言って、途上国に住むには取捨選択が必要です。
ベトナム来たては便座がびっちょびちょで世紀末やな~思って白髪が増えていましたが
5年経った今は、ほぼ100%ある備え付け手動シャワーで便座流して、普通に座れてしまっています。

途上国に住むにあたり必要な心得は「気持ち悪い・汚い要素体に取り込むか/取り込まないか」を判断基準にすると精神的に楽になります。
シャワーで流したべちょべちょ便座に座っても、体に取り込むわけではないので自分はOKです。慣れって怖いですね!
(※ただし清潔感の無い店の、水道水ダイレクト・ローカル食は確実に体を壊すので注意 鉛重金属と塩素は煮沸で取り除かれません)

途上国に住むデメリット、メリットそれぞれ数多くありますが
メリットの1つとして、同額を出した場合に日本と比較するとグレードが高い食事が(店をしっかり選ぶ必要がありますが)できます。
ベトナム・ホーチミン、日本人街として有名なレタントンの奥(ヘム)は、レストラン超激戦区です。2~3ヶ月で店入れ替わるので歩いていて楽しいです。
そんな激戦区なので、店を選べば当然コスパ高く美味しい物が食べられるわけで。

https://goo.gl/maps/pktDwPwqDdovyAX29
天丼と日本そば くおん

以前、不二楼ホーチミンを紹介しましたが、その系列です。
不二楼は定食メインですが、ここは天丼メインです。

1,000円くらいで、高級割烹で出てくるような品質の天丼が食べられ驚きましたので紹介します。
量もあり、日本の”てんや”大好き人種からすると感動物でしょう。
店を選べば、こういった素敵な食事を日本より安く食べられるのも、ホーチミンの魅力の1つです。


現在急拡大中につき、現地採用の日本人を募集しています。
募集要項はこちら

年平均136日休みです。現地採用というと低賃金・休み少しで奴隷のような使い捨てをする企業が多くありますが
弊社は入社してもらったからには幸せになってもらいたい、人財という考えで事業行っております。

ローカル焼肉屋で新人歓迎会

拡大を続けている関係でこのところ毎月1~2人入社しており、新人歓迎会を開催しました。
ヤギ?肉を中心としたローカル焼肉屋でした。みんなわきあいあいと楽しんでいました。

青い海 強烈な日差し キレイなビーチ

ホーチミン市から車で4時間程にあるビーチに行ってきました。
このくらい離れないとメコン川の影響なのかよくわかりませんが、ザ・泥水状態でお手上げです。

面白いのは、ベトナムの人は水着をほぼ着用しません。年代に関わらず、濡れてもいい服で海水浴を楽しんでいます。

海岸は市街地と違い無線干渉がほぼ無いので、Mavic2の場合4Kmくらいは余裕です。
はるか先の漁船撮影してみたり、楽しめます。

暑すぎる

日中外での活動ができないので、キツイです。
昼間ドローン飛ばしたいんだけど自殺行為です笑
たまの日本帰国で木漏れ日の中ピクニックとかすると、日本に生まれてよかったとすごい思います。

在住6年目で初めて至高の魚に出会う

ベトナムの魚に共通しているのは、生臭いという事です。
泥の味がします。シンプルに美味しくないです。川魚、海魚関係なく、まずいです。体にいいわけがないです。
メディアやブロガー等が、東南アジアなら月3万円で生活できると移住煽っていますが大嘘です。
これは”現地レベルの生活”での金額。しかもどっちかっていうと貧しいほうの人たちの。
うさみライフ で検索すれば具体的内容出てるので、参考になるかと思います。

さて、本題に戻ります笑
ふらっと寄った大衆居酒屋で、カジカっぽいのがいたので気まぐれで注文してみました。


美味い!!旨い!!!!
ホッケの身と旨さをさらに凝縮した感じで、少量の塩を付けて食べると甘くて、感動。
さらに驚くべきは、ベトナム魚に共通している、生臭さ、泥臭さが全く無い事。
これはすごいものを見つけてしまった。素揚げが最強でした。

1Kg1,700円くらいでしたのでなかなかのお値段。
ですがローカルレストランで、在住6年で初めて、心の底から感動しました。
ベトナムでこの魚を見たら、素揚げで注文してみる事をおすすすめします。
※このレストランが下処理ちゃんとしてるだけかもしれず、他で食べて生臭かったらスミマセン。笑

ベトナム・ホーチミンの日中気温

最近自宅引っ越しをしました。
大きなベランダがあるのですが日中は本当に暑く
試しに温度計を置いてみました。

ベトナム・ホーチミンは日中、対策せずに5分以上外にいるのは自殺行為です。
熱中症初期症状の頭痛が簡単に発生・体験できます。紫外線レベルは通年、12か11(MAX危険レベル)です。

ハノイと違って湿度は低く、住んで6年になりますがカビ対策はホーチミンでは必要無いです。
※ハノイはカビ対策をしっかりしないといけなく生活全てが大変と色んな方から聞きます…

四季はなく、雨季か乾季かだけで通年気温が変わりません。
朝、強烈な朝日を浴びて目覚め爽快なのはいい所です。
日本のように夜が明けたのか明けてないのかわからない、朝からしとしと雨が降っている日というのはありません。
ベトナムに住んで不便な事、大変な事も数え切れないくらいありますが、いい事も同じくらいあります。

東南アジアで最高層のビルを夜景で

461,3mでベトナムかつ東南アジアでは最高層となるオフィス・商業ビルだそうです。
2018年に出来上がりました。
参考に、東京スカイツリーは634m、東京タワーは333mで、オフィス・商業ビルで一番高いのは
あべのハルカス300m 横浜ランドマークタワー295.8mだそうです。

ホーチミンはプレートの関係で地震が無い関係で、耐震基準等存在しません。
新築のマンションでも側きれいで中が雑な作り、すぐコンクリートがひび割れる等珍しくありません。
だけど夜景めっちゃきれいだから、OKです。

高級住宅街とランドマークを空撮目線で

ベトナムは貧富の差が日本と比較にならないくらい大きく
戸建てに当たり前のようにプールが付いている豪邸が立ち並ぶエリアも多数あります。
経済発展を肌で感じる事ができ、夜が寂しくないのがいい所です。

ベトナムで至高の和食をお手軽価格で

ベトナム料理は深い感動を覚えるものがかなり少ないです。
単調な味付けで安かろう悪かろうを地でいくスタイルです。

※中には香り高いインディカ米を絶妙な火力で炒め
モチモチで100人食べたら100人美味しいと必ず言うレベルの
至高のガーリックチャーハン出すベトナム家庭料理店(日本人経営・15年超歴史)もありますので
希望の方はお連れします。ご連絡下さい。

日本橋茅場町に和食の名店、不二楼さんがあるのですが
なぜかベトナムに2017年くらいに出店し、現在大繁盛中です。

メインはもちろん、付け合せの小鉢のクオリティーにびっくりするんですよね。
それでいて価格は日本の定食レベルなので、頭が下がります。
ベトナム・ホーチミン市に来られた際に行くべき名店の1つです。

新Galaxy先行発売

GalaxyS10+を購入しました。日本だと5月とかですがベトナム含む指定国では早めの販売です。
革新的オススメポイント

・画面指紋認証になりさらなる画面拡大化 顔認証もコンマ秒でストレス0へ
・カメラが被写体を自動認識し(実際にコレは食べ物・花・木・靴・服等など判別結果表示でわかりやすい)その被写体にあった自動補正。
・撮影位置提案。プロの写真家が活用している撮影ルールと、1億以上の高品質な写真を分析した高度なMachine Learningが搭載されている。
・スーパー手ブレ補正機能。OsmoMobile並のソフトウェアジンバル機能でどんな環境でもプロ並みの動画品質になる。
・ステレオスピーカー搭載。(多くのスマホはアナログスピーカー)
・(3世代前くらいからですが)置くだけ高速充電対応。満充電まで1時間半。
(これ慣れると寝る前とかオフィスワーク中は置くだけでいいので、いちいち充電ケーブルを差し込むスマホはかわいそうだな思います)
・有線接続の急速充電Quick Charge 3.0対応。Ankerのモバイルバッテリーと組み合わせると外出時でもバッテリー切れの心配から開放されます。

参考:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s10/camera/
最近のスマホは、違いわからないなぁというものが多かったですが、これは買いです。

ジョブズ去ってからiPhoneは価格高騰だけで
iPhoneならではの技術革新が目立たないので、頑張ってほしいところです。
(どんな業界も一強になった途端成長が止まる。例:NVIDIA)

ちなみに、Galaxyの工場はベトナムにあります。
全世界のGalaxyはMade in Vietnamです。
対外輸出の2割強を占める重要な産業です。

Samsungから折りたたみGalaxyも同時発表されましたが、あれはまだ試作機ですね。
Huaweiが形状も完成度も価格も一歩抜き出ています。

SonyのXperiaが全く存在感無くなってしまいました。ベトナムでも数年前までは使ってる人ちらほらいたのですが。
スマホ売り場にXperia特設コーナーある店舗は、もう海外では無さそう。

丸亀製麺@ベトナムと中間層・富裕層の拡大について

ベトナム進出して明暗分かれる日系企業の中で、絶好調な店の1つが丸亀製麺です。
味、サービス、作り方日本そのままです。価格も日本そのままですがベトナム中間層にドはまりしています。

ベトナム・ホーチミンは最低時給:75円くらいですがそれは最底辺・学生レベルで
実態は貧富の差が本当に激しいです。能力ある人は日本人の倍は軽く稼いでいます。
ここ数年の中間層の拡大は目を見張るものがあります。

中国人実習生が日本から少なくなったのは経済発展のため都市部では日本に行く経費考えると大差無くなったから。
ベトナムもあと2~3年でそうなります。次はミャンマー、バングラデシュですかね。その後はアフリカ?その後は?
カンボジア・ラオス話題に上がらないのは周辺国に比べて生産性が絶望的に低いからです。

参考:ベトナムの超富裕層人口、今後5年で+31%増、増加率は世界トップクラス
https://goo.gl/sMxrPy

ベトナムの新ランドマーク

ベトナムにどんなイメージを持っていますか?
地方は原住民の集落集まった村みたいな感じですが、中心地は日本並に発展しています。
民度はまだまだですが…
台風・地震という2大天災が無いので、耐震基準気にせず建て放題なのも大きく
再開発で巨大ビル郡がたけのこのように次々と生えてきています。

ベトナムは携帯維持費が安い

日本だと大手3社横並び、本気で安くしようとすると格安SIMですが
様々な制約の元に運用となり白髪増えるだけです。
(通信品質そのままで安くなるのではなく価格相応になるだけなので無意味)

ベトナム最大手Viettel社の場合
15GB 1,000円
8GB 700円
5GB 450円
3GB 250円
YouTube見放題プランなども格安であります。

2018年初頭に4Gサービスがスタートした、どこでも無料で繋げるWiFiがある
という理由で、わざわざ4G契約をしていない人が未だにかなり多く
帯域に余裕があり、通信速度でストレスを感じたことはありません。

4Gで遅れをとった分、5G開始に力を注いでおり
https://www.viet-jo.com/news/economy/181123003506.html
2019年にホーチミンで国内初の試験展開となります。うれしい。

携帯端末に関しても、androidの場合日本国内で購入した場合
キャリアのアプリが入っており気持ちが悪いですがベトナムの場合は入っていません。

まだまだ生活で使用するものに関しては安かろう悪かろう
中国製の下をいく品質のものが目立つ現状ですが
通信に関しては全く問題無いのが嬉しいところです。

肉とチーズの塊を喰らう

ベトナムにもマクドナルドあるんです。2016年くらい初上陸ですけどね。

(ベトナムではLOTTERIAがすごい数あります)
日本と全く同じ味で世界どこでも同じ味提供できる企業努力には頭が下がります。
タッチパネル式でオーダーできます。で、バーガーの中身をカスタマイズできるんです。

MAXパティ&チーズ数量にしてみました。パティはもちろん1.5倍のやつです。

パンがありませんでした。バーガーではなくなってしまった。
チーズと肉の塊を手づかみで食べる状態で、周りの視線が痛かったですが最高の満足度でした。

ベトナムに来られた際は、カスタマイズバーガーをお試し下さい。インスタ映えしますよ。

2018-2019社員旅行

年末年始恒例の社員旅行を今年も開催しました。
今年はバスで4時間ほどの、砂丘と砂浜に囲まれたビーチリゾート地帯、ファンティエットに行ってきました。
飛行機利用で遠方も計画したのですが、去年のダナン旅行で飛行機時間変更が4回に渡って発生したので、弊社は今後絶対に飛行機は利用しません。
リゾートホテルで、部屋を出たらすぐ砂浜が広がっており、開放的な雰囲気でした。

ファンティエット旅行

ホーチミン市から車で2時間半程、ファンティエットというビーチリゾートに行ってきました。
東京から熱海に行くような感じです。
5つ星のホテルのビジネスセンターのMACにWindowsが入っていたり、有名キャラクターを魔改造したおもちゃが売られていたり、楽しめました。

シーフードを食らう

ホーチミン市からバイクで3時間程、カンゾー県という場所にある海沿いの海鮮市場に休暇で行ってきました。
牡蠣が13個で250円です。この値段に慣れてしまうと、他のメジャーな観光地価格に拒否反応が出てしまいます…
(特にフーコックは高すぎる)
日本ではなかなか見られないカブトガニや巨大シャコ等も普通に買えます。

ベトナムでドローン飛行

日本は人口密集地で飛ばせない、5GHz帯域使えない等制約が多いですが
ベトナムでは、まだドローンに関するルールが現時点ではほぼありません。
5GHzも日本以外に行くと自動解除され、電波干渉が無く快適です。
(ただ、木陰+日傘持っていかないと10分で熱中症初期症状の頭痛が発生します)
弊社ベトナムオフィスがあるITパーク中心に撮影してみました。